2300年08月31日

★わたしはおまんこと言いつづける★ 元・東京大学教授、現・立命館大学教授 上野千鶴子

★わたしはおまんこと言いつづける★
元・東京大学教授、現・立命館大学教授 上野千鶴子

「女がいっぱい、おまんこがいっぱい。・・・(途中省略)・・・自分のおまんこをありのままに見つめ、存在させることが必要だ。・・・(途中省略)・・・おまんこ、と叫んでも誰も何の反応も示さなくなるまで、わたしはおまんこと言いつづけるだろうし、女のワキ毛に衝撃力がなくなるまで、黒木香さんは腕をたかだかとあげつづけるだろう。それまでわたしたちは、たくさんのおまんこを見つめ、描き、語り続けなければならない。そしてたくさんのおまんこをとおして女性自身(わたしじしん)≠ェ見えてくることだろう。」

(上野千鶴子著『女遊び』19−20ページ)

・【写真1】
おまんこを叫び続けることに生涯を捧げられた上野千鶴子先生のお写真:
http://www.r-gscefs.jp/?p=1928

・【写真2】
勤め先の女子短大(平安女学院短大・当時)で、授業中にわいせつ用語を多発し、学生サンから、女も三十歳を過ぎると、顔も赤らめずにあんなスケベエなことが口にできるのか、と呆れられていた34歳ころの上野千鶴子先生
ueno2.jpg



・上野千鶴子先生のように「おまんこ」を叫ぶだけでは今後、学者として生き残っていけないと判断し、現在ではもっぱら「おちんちん」を研究されている上野氏の直弟子・澁谷知美さん(現・東京経済大学準教授)
主要著書『日本の童貞』『立身出世と下半身』
http://homepage2.nifty.com/st_s/
http://shibuya.txt-nifty.com/about.html

----------------------------------------------------
★就職口の可能性があるとき、女性の方に若干問題があっても、やはり女性の方を推すことにしている★
元・東京大学教授、現・立命館大学教授 上野千鶴子

「就職口の可能性があるとき、私自身は、できるだけ意図的に女性を推すようにしている。候補者が2人以上いて能力が等しければ、もちろん女性の方を、それどころかもし女性の方に若干問題があっても、やはり女性の方を推すことにしている。つまり、あからさまに男性に逆差別を行使しているのである。女性はずっと差別されつづけてきたから、少々の逆ハンディをつけなければ、男とはとうてい対等にはなれないからである。」

(上野千鶴子著『女遊び』238ページ)



posted by 下野 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2200年06月10日

★自分の性を、まず口に出して言ってみること、それが認識への第一歩です。 東京大学名誉教授、現・立命館大学教授 上野千鶴子

★自分の性を、まず口に出して言ってみること、それが認識への第一歩です。
東京大学名誉教授、現・立命館大学教授 上野千鶴子

「勤め先の女子短大で、私は授業中にわいせつ用語を多発し、学生サンから、女も三十歳を過ぎると、顔も赤らめずにあんなスケベエなことが口にできるのか、と呆れられています。けれど、自分が理解したいことを、まずことばにできるのが、対象を操作するための先決条件なのです。自分のたいせつなところを、アレとかアソコとか言ってるうちは、まだまだ先は遠いようです。自分の性を、まず口に出して言ってみること、それが認識への第一歩です。そして「オ○○コ」という四文字ことばがよほど気分悪ければ、それに代わるべつなことばを発明することですね。

(『セクシィ・ギャルの大研究』上野千鶴子、1982年、光文社、219頁)


【写真=勤め先の女子短大(平安女学院短大・当時)で、授業中にわいせつ用語を多発し、学生サンから、女も三十歳を過ぎると、顔も赤らめずにあんなスケベエなことが口にできるのか、と呆れられていた34歳ころの上野千鶴子先生】
ueno2.jpg
posted by 下野 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

千田有紀教授(武蔵大学)の社会学 まとめ

面白い記事を発見したのでリンクを貼っておきます:

千田有紀教授(武蔵大学)の社会学 まとめ
http://sociosocio.hatenablog.com/entry/2017/08/07/021016
posted by 下野 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

★就職口の可能性があるとき、私自身は、できるだけ意図的に女性を推すようにしている。あからさまに男性に逆差別を行使している★ 東京大学名誉教授、現・立命館大学教授 上野千鶴子

★就職口の可能性があるとき、私自身は、できるだけ意図的に女性を推すようにしている。あからさまに男性に逆差別を行使している★
東京大学名誉教授、現・立命館大学教授 上野千鶴子

就職口の可能性があるとき、私自身は、できるだけ意図的に女性を推すようにしている。候補者が2人以上いて能力が等しければ、もちろん女性の方を、それどころかもし女性の方に若干問題があっても、やはり女性の方を推すことにしている。つまり、あからさまに男性に逆差別を行使しているのである。女性はずっと差別されつづけてきたから、少々の逆ハンディをつけなければ、男とはとうてい対等にはなれないからである。」

(上野千鶴子著『女遊び』238ページ)

ueno2.jpg
posted by 下野 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

Truth of Ms. Chizuko Ueno, the former professor of the University of Tokyo

Truth of Ms. Chizuko Ueno, the former professor of the University of Tokyo

★Ms. Chizuko Ueno,the former professor of the University of Tokyo, claimed that a junior high school boy should have sex with a mature woman for cancellation of the sexual desire, in an article of the life consultation which is an attachment called "be" of the Asahi Shimbun published on December 8, 2012 . Ms. Chizuko Ueno also claimed that if a junior high school boy kneels on the ground and begs ten times for a mature woman to have sex with him, he can successfully have sex with her once.

★Ms. Chizuko Ueno,the former professor of the University of Tokyo, wrote " I want to surprise people by shouting out VAGINA ".She also wrote "I will continue shouting out VAGINA until people do not show any reaction even if I shout out VAGINA ".A book with the description is "Woman Play" (Onna-asobi in japanese),published by Gakuyo Shobo, page 20.

★Ms. Chizuko Ueno, the former professor of the University of Tokyo, wrote, " it will be adultery(extramarital affairs) that is the most exciting play " in her book and recommended adultery to a woman.
A book with the description is "Woman Play" (Onna-asobi in japanese),published by Gakuyo Shobo, page 145.

★Ms.Chizuko Ueno, the former professor of the University of Tokyo, wrote, "the Japanese woman may rather meet the better man of the enemy" without a Japanese woman being protected by Japanese men if Japan is invaded by the other countries" in her book.A book with the description is "Woman Play" (Onna-asobi in japanese),published by Gakuyo Shobo, page 122.

★Ms. Chizuko Ueno, the former professor of the University of Tokyo, wrote that living by all families on good terms was living by bringing near each other's body like a cockroach.
And she also wrote that she wanted to stop people from mistaking living by bringing near each other's body like a cockroach for their not being lonely.
A book with the description is "Ohitorisama-no-rougo" ,published by Houken, page42-43.

★As seen above, Ms. Chizuko Ueno damages female dignity, she denies a family's worth, and desires Japanese invasion by a foreign country.It is very strange that a woman like Ms. Chizuko Ueno won a promotion even to the professor of the University of Tokyo as a feminism sociologist, and is performing by being requested from University of Chicago.
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=SErdVYGTxVI#!
posted by 下野 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

★家族みんなで仲良く暮らすのは、ゴキブリのように身を寄せ合って暮らすことである★元・東京大学教授、現・立命館大学教授 上野千鶴子

★家族みんなで仲良く暮らすのは、ゴキブリのように身を寄せ合って暮らすことである★
元・東京大学教授、現・立命館大学教授 上野千鶴子

 ニューヨーク州北部、コーネル大学のあるイサカは、庭先にリスがやってくる自然に恵まれた町である。そこに日本語教授法の大家として知られる60代のエレノア・ジョーダン先生が住んでいた。日本人の英語学習法の欠陥を知りつくし、日本人向けの英語の集中コースを開講していたジョーダン先生は、クラスの受講生全員を集めて自宅でパーティをやってくれた。いまから20年も前のことである。
 家族連れで来ていたわたしのクラスメイトが(もちろん男性だ)、帰ってきてからこ
う言った。
「あんな大きな家にひとりで住んでるのか。さみしいよな」
 わたしはプッツン来た。大きなお世話だ。
 アメリカのキャリア女性の例にもれず、彼女も離婚経験者だった。子どもたちを育てあげ、大邸宅にひとり暮らし。うらやむことはあっても、同情する必要なんてあるだろうか。
 その後も、一戸建ての住宅で、同じようなシングルライフを送っている高齢の女性に何人も会った。車いすでも移動が容易なゆったりした家のつくりや全室温度差のない暖房設備(当時はセントラルヒーティングということばさえ知らなかった!)は、20年以上前の日本人にとっては垂涎の的だったはずだ。これらは、日本でもようやく高齢者住宅のスタンダードになってきたが、家が広くて困ることなどなにもない。メンテナンスがたいへんなら外注すればすむ話だ。
 ゴキブリのように身を寄せ合って暮らすことを、「さみしくない」のとカンちがいする貧乏性は、たいがいにしてもらいたい。高齢者のひとり暮らしを、「おさみしいでしょうに」と言うのは、もうやめにしたほうがよい。とりわけ、本人がそのライフスタイルを選んでいる場合には、まったくよけいなお世話というものだ。
 先にデータで示したように、高齢者のひとり世帯は増えている。どうせ住むなら、建て付けの悪いアパートより、セントラルヒーティングの備わった一戸建てで暮らすほうが(経済的な問題さえクリアできれば)豊かではないか。

(上野千鶴子著『おひとりさまの老後』法研、42―43ページ)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【コメント】
・東大教授、社会学者、といった肩書きと権威のもとに、家族でいっしょに仲良く暮らしている人たちのことを「ゴキブリ」呼ばわりするのは許されるのであろうか?また、家族を「ゴキブリ」と呼んではばからない社会学者とその弟子たちの研究する「家族社会学」とは、いったいどれほどの学問的価値があるのであろうか?

・あなたが、上野千鶴子先生やそのお弟子さんである千田有紀先生、澁谷知美先生に「あんな大きな家にひとりで住んでいるとおさみしいでしょう」というと、先生方から「てめえみたいにゴキブリのように身を寄せ合って暮らすことを、『さみしくない』のとカンちがいする貧乏性は、たいがいにしておけ!!」とお叱りを受ける可能性が非常に高いので、充分に注意するようにしよう。

・上野先生がみずから「大きな家にひとりで住んでいるとさびしくないかどうか」、という論点を取り上げておきながら、「暖房設備等があれば快適に暮らせるので家が大きくて困ることなど何もない」、と家の設備について書くのは、問いと答えがまったくかみ合っていない。人間が家の中で「さみしい」と感じるかどうかということと、家の暖房設備が整っていて便利かどうかとは、無関係だからである。これがほんとうに社会学者、それも元東京大学教授の文章なのだろうか?



posted by 下野 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

★日本の女が戦争で日本の男に守ってもらわないほうが、敵のもっと「いい男」と出会えるかもしれない★ 元・東京大学教授、現・立命館大学教授 上野千鶴子

★日本の女が戦争で日本の男に守ってもらわないほうが、敵のもっと「いい男」と出会えるかもしれない★
元・東京大学教授、現・立命館大学教授 上野千鶴子
―――――――――――――――――――――――――
 人類が暮らしを営むには、水と火が不可欠だが、女の役目はいつもこの火と水の管理だった。水道もガスもない前近代的な暮らしの中では、朝起きて最初の仕事は、家族のために水を確保するという仕事だった。・・・(途中省略)・・・重労働である。
 この平時の重労働を担ってきたのは、いつも女たちだった。水汲み女の図は見たことがあるが、水汲み男、というのは聞いたことがない。この重労働を、女に代わって男がやろうと申し出た社会は、どうやら歴史上なさそうなのである。「かよわい女をたくましい男が守ってきた」という学生に、私はこう答えることにしている――現実には、強い男が弱い女をいたわってきた例より、強い男が弱い女につけこんできた歴史の方が長いんだよ、と。そのうえ、女は実のところ、かよわくも何ともなくて、重労働に十分耐える生き物でもあるのだ。
 最後に、平時の男たちの怠惰は、いざ戦時に男たちが身を挺して女子供を守る働きによって免責してもらえるだろう、という考えがある。ところでちょっと待てよ、男たちはいったい何から女たちを守ることになるんだろうか。考えてみると、これもバカバカしいことがわかる。男たちは他の男たちと争いを起こして、自分の女たちを守っているだけである。「守られて」みなければ、敵のほうがもっと「いい男」かもしれないのだ。
 ここまでからくりがわかれば、「男は仕事・女は家庭」の性別役割分担が、いったい誰の役に立っているか、よオーく考えなくても、すぐにわかるというものだが、ジョーシキという名の思いこみに囚われている、女の子たちのアタマの中を変えるのも、なかなか苦労ではある。

(上野千鶴子著『女遊び』、121―122ページ)
―――――――――――――――――――――――――――――――――


posted by 下野 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

★遊びの中でいちばんワクワクするのは不倫★ 元・東京大学教授、現・立命館大学教授 上野千鶴子

★遊びの中でいちばんワクワクするのは不倫★
元・東京大学教授、現・立命館大学教授 上野千鶴子

「遊びの中でいちばんワクワクするのは不倫であろう。人妻の不倫に対する態度も、40代以上と30代から下ではちがっている。40代以上の主婦は、不倫の潜在願望を持ちながら、いざ実行に移すとなるとためらいを覚えるタイプ。30代以下は、不倫願望を持てば、それを実行に移してしまう。共学育ちで結婚前は複数の恋人とつき合った経験があるから、レンアイのノウハウも知っている。不倫は、スリルもあるし、相当ヒマもつぶれる、なかなか面白い遊びなのである。」

(上野千鶴子著『女遊び』145ページ)

ueno2.jpg
【写真=勤め先の女子短大(平安女学院短大・当時)で、授業中にわいせつ用語を多発し、学生サンから、女も三十歳を過ぎると、顔も赤らめずにあんなスケベエなことが口にできるのか、と呆れられていた34歳ころの上野千鶴子先生】
posted by 下野 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする